親しい人が亡くなった際には、葬儀に参列することはありますが身内が亡くなり送金執り行うことはそう頻繁にあることではないのではないでしょうか。

大勢の参列者が訪れた祖父の葬儀

葬儀の一日葬のメリット

親しい人が亡くなった際には、葬儀に参列することはありますが身内が亡くなり送金執り行うことはそう頻繁にあることではないのではないでしょうか。その際に、昔ならば一般層が大半でしたが近年では、家族葬など親しい人のみで葬儀をしたいと考える人が多くなっています。それとともに増えているのが、一日葬ではないでしょうか。一日葬は通夜式を行わないので、葬儀の前日にゆっくりと故人と最後のお別れをすることができるのがメリットです。喪主や家族にかかる負担も少なくなるので近年ではかなり人気を高めている方法です。

一日葬は近年支持を集めています。通夜式を行わないので、楽というのはもちろんのこと最後の時を故人と家族のみで過ごすことが可能というのが魅力の一つです。一昔前では、一日葬ということ自体が珍しいことであり、良くないのではないかという意見も多かったですが、近年では核家族化か著しく進んでいるということもあり、大規模な葬儀を執り行うよりも家族葬や一日葬を選択する人も多くなっています。それに伴い一日で葬儀をスムーズに終わらせる業者の数も多くなってきているので選択肢も豊富になってきているのも大きなメリットといえるのではないでしょうか。